2015年11月11日水曜日

アフィリエイトの報酬形態

こんばんは、
燃えPaPaです。


今回は、当ブログでのアフィリエイトの類での、
報酬形態について言及します。


主にネットで収入を得られる手法では
厳密にはアフィリエイトでは無いものも含めまして、

1.
直接物販や宣伝に関わり、成約やクリックに応じて報酬を得る
(本来のアフィリエイト)

2.
自身が会員登録や、資料請求等を行い報酬を得るポイントサイト

3.
広告メールの受信をするリードメール、
他者のサイトを閲覧して報酬を得るトラフィックエクスチェンジ


などのパターンがありますが、
※個々の解説はまた別途しております。


これらどれも、収入を得るための手段には違いないのですが、
これらの報酬の受け取り形態としては、


1.現金で請求都度
収益を得ることのできるサービスでの支払い形態では、一番一般的で、
報酬金額が一定額以上貯まると、
サイト上で報酬請求することが可能になり、
その報酬を銀行振込するように依頼できます。

2.現金で自動支払
請求や処理の手間が惜しいユーザーや会社側の思惑等で自動になっているパターン。
報酬額が、一定以上貯まると、その翌月などに自動で支払われるパターン。
昔は振り込み手数料が高額な銀行が多く、あまり頻繁に換金すると、
ユーザー的に損した気分に(もしくは手数料会社負担なら会社の負担が大きい)なるため、
敷居値を高額にしてこの仕組みの会社は多かった
※近年、振り込み手数料が無料や低額のネット銀行などが増えてきたため、
このパターンは低減

3.商品交換型
アフィリエイトにはあまりないですが、
ポイントサイトなどでは、一定ポイント貯まると、
現金では無く商品リストからポイント条件を満たすどれかに交換申請するタイプがあります。
中には商品券とかも入っていて、
実質現金交換に近いことができる場合もありますが、
即金にはならない感じです。


他にも、特殊なパターン(どこかのポイント交換サイトへの変換をしてから処理とか)
もありますが、
大別すれば、だいたい上記いずれかのパターンになる場合が多いです。

お使いのサイト・サービスによって形態も色々ですね、
各方式を理解し、
適切な使い方をしたいものです。



燃えPaPa